前田 裕二 / Yuji Maeda

記事一覧(4)

なぜ今ブログか

ネオ意識高い系な2016年の幕開けふぅ…危うく三日坊主になるところだった…(・`ω・)三ヶ日が終わってからのスピード感がすごかった。シンプルに、意識を変えると、世界の見え方が変わる。発信をより意識するようになってから、受信の質が向上するのを感じる。今年は、生産性を上げながら投入労働量もギリギリまで増やし(体力つけよ)、去年よりも更にギアを上げていく。意識高い系と、どんなに揶揄されてもそれでも、上げていく。ネオ意識高い系として生きていく(ネオ意識高い系についてはまた別途)なぜ今ブログかさて、「なぜ今ブログか」というテーマについて。端的に言うと、個人の情報発信において、量と質の二軸での棲み分けをすべき、と思ったから。今までの自分の発信方法はどちらかというと量やフローに寄っていて、質への意識が低かった。それでは、日々の事象から気付きを得る力や抽象化能力が成長しないと感じた。■ "量"に寄ったフロー型メディア(更新頻度の高さやタイミングが重要)→Twitter。■ "質"に寄ったストック型メディア(コンテンツクオリティが重要)→ブログ。こんなイメージ。つまり、完パケ度合い(削除/編集可能性とも言える)が高い順に、① Twitter (削除/編集可能性:高)② ブログ (削除/編集可能性:中)③ 本など(削除/編集可能性:低)となっている気がして、自分の中に、①と③の架け橋なる②の存在が欠けているなと、なんとなく思っていた。「編集不可能なもの」の価値最近、コンテンツとして、「編集不可能なもの」が、より人の心に届く(刺さる)のでは、仮説を持ち始めている。当然、例外はある。ただ、伝統的に考えられている「コンテンツの質」の定義に、「身近さ・親密さ」など新しい軸が加わってきている(AKBが、いままで偶像であったアイドルを、身近で親密なものと再定義し、「会いに行けるアイドル」として濃いファンを獲得→マス化した事が好例)と流れと同様に、「そこにリアリティーがあるかどうか」という観点も、従来以上に重要性を帯びてきていると思う。個人的に、編集可能性の高いものは、「作られたもの」という感じがして、なんだかリアリティを感じない。作り込まれすぎたテレビ番組に対しては、なんとなく浮世離れした感じを受けてしまい、深く感情移入できない。SHOWROOMが生配信に特化しているのも、編集不可能性が、偶発性や予定調和破壊、ひいては「ドキドキ感」を生み出すからである。発信力の成長という観点本を出すなら、Twitterなどフロー型メディアに比べて、整理された思考を打ち出すマナーが前提となるブログでの思考 / 発信訓練が大事になるはず。一番上に載せていた拙い4象限チャートを見てもらいたい。より完パケされた編集不可能なコンテンツ(つまり本)などを、高いクオリティで打ち出していきたいと思ったら、一旦発信すると基本的に取り返しのつかない媒体(ブログや講演など)におけるアウトプットを繰り返す事で、ストック型メディアでも勝負できる自分たるべく、思考訓練をする必要がある。そんなわけで、これからも楽しくブログの更新を頑張ります。おっとそして…今夜は時間が来てしまいましたので、また次回!(これいつまで続けようかな…)Apologies to Matt Damon, we ran out of time tonight...

今年の抱負「発信と習慣、そして本を出す」

こんなのを作りました。冗談はさておき。2016年の抱負は、端的には、「発信と習慣」に今まで以上に重きを置くことである。習慣に対する思いは、元旦のエントリーで触れたが、本稿では「発信」についてと、「本を出す」という目標について話そうと思う。 言霊は存在するめっちゃスピリチュアルな事を言うが、言霊の力は、あると思う。超常現象的な意味合いではなく、もっと理屈や論理的観点で、存在すると思う。例えば、昨年を振り返ると、ある人に会いたいと言い続けていたら、とあるきっかけがその人との巡り合わせをもたらし、結果、これ以上ない強力な仲間を得る事ができた。ブログを始めたのも、習慣的な発信が言霊として広がり、まだ見ぬ大きなエネルギーを生み出すのでは、と考えたから。発信の残酷さただし、発信を続けるということは、自分の思考レベルも人に晒すことであり、成長が止まったらすぐにそれが明るみになる。ある意味で、残酷かつ無慈悲な活動であると言える。しかし、背伸びしない素の自分、つまり、馬鹿な自分をさらけ出し、自分の至らなさをもっとたくさんの人に見てもらった方が、フィードバック機会に恵まれるゆえ、成長が早いに決まっている。結果、得をするだろう。プライドを捨て、真っさらな自分でいたい。 発信力向上が事業成功にもたらす意味 リーダーの発信力が上がれば(A)、事業の成功確率も上がる(B)。当然この因果関係を精緻に分析する事は難しく、鶏と卵の関係とも捉えられるが、A→Bに好影響を与えた事例は世界中に数多く存在する。リーダー自身が事業の宣伝塔になって、認知度や企業イメージを上げる必要性は、もっと強調されても良いと思う。自らの発信力を上げつつ、必ずや今年は事業を爆発させて、SHOWROOMというプラットフォームで、1人でも多くの人の夢を叶える。その為に、自分の価値観を、日々はっきりと伝え続ける。その過程で、志を同じくする仲間をたくさん増やしていく。 アウトプットの為のインプットという発想 発信する機会が増えると、自ずと、似たような内容を繰り返し話す事になる。それではいけない。噛み続けて味の無くなったスルメになっていないか。これを毎日自分に問うて生きていきたい。その為に、もちろん読書やニュースメディアなどを通じて人一倍の情報をインプットしていく事は欠かせないが、それ以上に、もっと常に体中の毛穴を剥き出しにして、あらゆる事象から自分の糧になりそうな気付きや学びを吸収していく。街を歩いていても、銀行で順番待ちをしていても、トイレ掃除の業者さんからも、学ぶ事は、たくさんある。 2016年、発信を続けて、本を出す そうこうして、今年は、発信力を高めて、本を出すところまで行く。明確な目標があった方が、人間、努力を継続できるもの。ただし、本を出すのは、スタート地点でしかない。それをきっかけにして、さらに媒体力を高め、事業の成長に繋げていく。見ていてください。

ブログ名「Yuji Maeda Live!」について

Jimmy Kimmel Live! Jimmy Kimmel Live!、というアメリカの深夜番組がある。ニューヨークに住んでた頃、よくタクシーで流れてたのがきっかけで時々見るようになった。こちらのテンションは一切関係ない。僕が、例えばライブコンサートの帰りで高まっていても、トロント出張の帰りで死ぬ程疲れてても、いつも変わらず、ブレる事なく、タクシー車内で流れてくる深夜番組ノリのゆるい感じ。ああいったブレない感じ、高い定期性と更新性、人を楽しませる姿勢(エンタメの本質)、そんな境地を目指したい。そんな思いでタイトルにしてみた。 決まり文句の"Apologies to Matt Damon…" そして、何が良いって、番組終わりのアメリカンジョーク。いつも必ず、Apologies to Matt Damon, we ran out of time tonight...(おっと時間です、今日はこの辺で!)というくだりが入ります。詳しくはこのブログの説明がイケてるので譲りますが、要は、「超人気の映画スターが来る予定だったんだけど、時間の都合で今日はキャンセルね。また次回!」というジョーク。これを1000回以上言い続けて、果てはMatt本人が出演するという演出に至るんだからすごい。"Jimmy Kimmel Live!と言えばあの番組終わりの決まり文句ね"という文化がたまらなく好きだし、「定番を作る」事の大切さを思い知らされる。これは、真似したい。真似しよう。おっとそして…今夜は時間が来てしまいましたので、この辺で!Apologies to Matt Damon, we ran out of time tonight...

2016年、発信する事から逃げない

謹賀新年皆様、あけましておめでとうございます。ライブストリーミングサービス「SHOWROOM」の代表をしております、前田です。2016年から心機一転、ゆるやかにブログを始めることにしました。いわゆる新春の決意です。発信する事から逃げない「ブログはまあいいかな、FacebookやTwitterあるし」「他のSNSで拡散した時にわざわざリンク踏んでもらわなきゃいけないし、アクセスする側としても億劫なのでは」「そもそも一度始めてしまったら、止まらず発信し続けなくちゃいけないしな…」と、今までなんとなくずっと疎遠だったブログ。元々どちらかと言うと意見が強いタイプという事もあり、「あるスタンスに立ってしまうと、反対意見をある種切ってしまう事になるのでは」と、今までは居酒屋トーク(と時々講演やTwitter)に何となくとどめていた気がする。が、今年は変わろうと思う。2016年を、自分史上における「発信元年」と定義する。具体的には、まずブログを始める。今年は、発信する事から逃げず、立ち向かっていく。なぜ今ブログか?、なぜ発信の年なのか、2016年の抱負とブログがそのどこに位置付けられるのか?、といったテーマは、また別エントリーにて触れる事にしよう。一旦ブログホームの見た目は、上の画像通りで、音楽を愛する気持ちを前面に出す格好に。何だかアナログな感じがクールでええな。Owndさんのギャラリーから選んだだけなのにこのオシャレ感。やるなOwnd。でもブログって、お客さんをお出迎えする自分だけのお店みたいなもんで、ブランドなわけで、見た目にもそれなりにはこだわりたいよね。という事で軌道に乗ったら更に改善していきたい。Everything is practice.さて、元旦という事で、今年の抱負を考えるに当たって、ふと、Practiceという言葉が浮かんだ。Everything is practice. すべては練習のなかにある、というペレの言葉。シンプルだけど、力強い。そう、全てがPracticeだと。良い言葉や…。まずもって、"Practice"という言葉は、習慣という意味もあるわけだが、より厳密には、「意識的に」規則正しく行われる習慣、というニュアンスがあるような気がする。毎日の早起き習慣みたいな。人間は元来とても弱い生き物なので、意識しないと、続かない。一瞬の「意識」なら誰でもできるけど、それを継続するのは、ごく一握りの人にしかできない。だから、①超絶ハングリーな意志の強さを動力源にして習慣を継続できる人、or、②とにかく楽しくて気付いたら継続しちゃってる人、の2種類の人が成功を手にしやすい。この2つが組み合わさったら最強。分からないですが、多分イチロー選手とかそうなのかもしれない。いずれにせよ、たゆまぬ努力の習慣的継続無くして、夢は叶わない。2016年、ぶちかましていきます。そんなわけで、僕は個人的に、習慣の力を強く信じている。このままだと、「水滴石穿」を座右の銘にする勢いもある。毎日ポツポツとしつこく滴る水になって、気付いた時には、でっかい岩にものすごい大穴を空ける。2016年は、28年間で最も習慣を意識する一年にして、そして、大きな結果を残す。やったるで!!!2016年元旦 前田裕二